葉酸サプリを比較!安全性が高く効果的なのは?

近年「葉酸サプリ」が注目を集めています。

その理由として妊活中の女性や妊娠中のお腹の中の赤ちゃんへの大事な栄養素であると言う事が分かって来たからです。

厚生労働省も摂取を推奨している事からもその必要性が理解できます。

ひと口に葉酸サプリと言ってもたくさんのメーカーから多くの商品が販売されています。

各社のサイトを見ても多くの情報、似たような情報があふれています。

その中から自分に合った商品を探し出すのは結構大変です。

まして女性にとって人生で一番大事な時期に摂るサプリメントなので最も考慮しなくてはいけないのは「製品の安全性」で、次に「効果」となります。

この側面からたくさんの葉酸サプリを評価しその中から安全で安心でき尚且つ効果の期待が出来る商品をご紹介します。

そこで始めに「葉酸」とは何なのかについてご説明します。

葉酸って何なの?

「葉酸」とは元々ほうれん草の抽出物から発見されたビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。

ラテン語で「葉っぱ」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から「folium acid」と名付けられました。

2000年に厚生労働省が葉酸摂取の推奨を始めましたが、その背景には1980年代~90年代に行われた試験によって葉酸が胎児の「神経管閉鎖障害」発症のリスクを低下させることが明らかになったからです。

*神経管閉鎖障害とは脳やせき髄などの中枢神経の元=神経管が作られる妊娠4~5週目頃に起こる先天性の障がいの事。

日本では出生した赤ちゃん1万人に対して約6人の割合で発症します。

神経管の上部に閉鎖障がいが起こると脳の形成不全「無脳症」に上部に起こると「二分脊椎」を発症します。

しかしながらその後も先天性障害の発症率の改善が見られない為2017年3月には「日本先天異常学会」は葉酸摂取の呼びかけを声明として発表しました。

それだけ妊活中、妊娠中に限らず授乳中の母親にとっては摂るべき栄養素だと言う事です。

葉酸が含まれている食品

ビタミンB群の一種と言う事で葉酸が含まれる食品は緑黄色野菜や果物が主ですが動物性食品であるレバーにも含まれています。

そこでどの食品にどれだけの量の葉酸が含まれているかを調べてみました。

可食部100gに含まれる葉酸の量(マイクロブラム㎍)

植物性食品*どちらも日本食品成分表2015年版(七版)のデータより引用

アボカド以外はゆでた状態

あさつき アスパラガス えだまめ オクラ 春菊 ブロッコリー ほうれん草 モロヘ

イヤ

アボカド(生)
200 180 260 110 100 120 110 67 84

動物性食品(牛の生レバは現在は食べられません)

うなぎ

(肝、生)

イクラ ほたて

(生)

生うに カキ(養殖、生) ブタ(肝臓、生) うし(肝臓生) とり(肝臓生) フォアグラ(ゆで)
380 100 87 360 40 810 1000 1300 220

一日に摂るべき葉酸の量について

その他の栄養素と同様に葉酸も一日の摂取推奨量が決められています。

18歳から70歳までの成人女性   240㎍/日 上限値1000㎍/日(男性も同様)

妊活中  240㎍+240㎍+400㎍=840㎍

妊娠中  240㎍+240㎍=480㎍

授乳中  240㎍+100㎍=340㎍

これに対し平成28年調べの実際的な摂取量は 272㎍

一般的な女性の必要量は満たしていますが妊活中、妊娠中、授乳中に必要な量には全然足りていません。

対象となる女性の皆さんが現実的にどれだけの葉酸を摂取しているのかのデータがありませんので正確に断定はできませんが必要量の半分と判断してもいいと思います。

これは先ほどの先天性異常の発症率が思いのほか低下していない事とリンクしていると言ってもいいのではないでしょうか。

妊活中の女性を例にとると約570㎍不足している事になります。

これを先ほどの食品含有量から見るとほうれん草なら毎日500g食べなくてはならなくなりますがこれは現実的ではありません。

そこでこれを補うために「葉酸アプリ」の摂取の必要性がでてきます。

では葉酸にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

葉酸は別名「遺伝ビタミン)」とも呼ばれ、タンパク質の合成や核酸(DNA、RNA)の合成に働き細胞の生産や再生に不可欠な要素です。

妊娠初期に母体の葉酸が不足すると胎児の細胞形成に影響を及ぼし先にお話しした先天性疾患の発生リスクを高めることになります。

その為葉酸は妊娠が判明する以前から飲む必要があるわけです。

最近は生活習慣の変化に伴い食の欧米化が進み野菜や果物を食べる習慣が減少しているようです、しかしその代わり「スムージー」のような新しい食が出来ることで緑黄色野菜や果物を食べる機会が増えている事は良い傾向と言えます。

また葉酸には精子の染色体異常を起きにくくすると言うデータもあることから男性も摂るべき栄養素でもあります。

妊活は女性だけの物ではないと言う事です。

男性も意識を高く持つ必要があります。

過剰症と欠乏症

葉酸には推奨量があるように「過剰症」と「欠乏症」があります。

過剰症

葉酸の一日に上限値は1000㎍=1㎎です

サプリメントの摂取を含めよほど無計画にならない限り過剰摂取は起きません。

仮に摂り過ぎた場合は発熱や蕁麻疹、紅斑、呼吸障害、かゆみ等を引き起こしますが葉酸自体が水溶性の為尿などによって体外に排出されます。その為よほど大量に食べるかサプリメントの用法をな違わない限り過剰摂取の心配はありません。

欠乏症

どちらかと言うと欠乏症の方が可能性はあります。

特に妊娠によって体内の葉酸が不足することになるのでその時期の葉酸の摂取が推奨されているわけです。

天然葉酸と合成葉酸

葉酸には2種類あります。

天然葉酸・・・先ほどご紹介した食品に含まれていて複数のグルタミンが結合していてポリグルタミン酸と呼ばれています。

合成葉酸・・・食品から抽出した成分から合成。一つのグルタミン酸の結合物でモノグルタミン酸と呼ばれます。

一般的に考えると「天然」の方が体によさそうな印象ですが葉酸の場合はそうはありません。

その理由は「吸収率」にあります。

天然成分であってもその全てが体内に吸収される訳ではなくポリグルタミン酸の吸収率は約50%とされ、一方吸収されやすく合成されたモノグルタミン酸は約85%と高くなっています。

そこで葉酸を効果的に摂取するために最適に配合されたはサプリメントの必要性が出てきます。

葉酸サプリの安全性について

ここで心配なのがサプリメントの意味とその製品の安全性です。特に「添加物」に関しては誰もが心配になります。

そこでまず「食品添加物」についてご説明します。

昔は体に有害な添加物のせいで健康被害が出ていたこともあって「添加物」=「有害物質」と考えれれている側面があります。

食品衛生法では「食品添加物とは食品の製造過程で、または食品の加工保存の目的で食品に添加、混和等の方法によって使用されるもの」と定義づけられています。

よく知られものでは「保存料」「着色料」「甘味料」「香料」などがあります。

厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会の評価を受け人の健康を損なう恐れのない場合に限って、成分の規格や仕様の基準を認めたうえで使用を認めています。

つまり長期に渡って摂取しても健康への心配はないと言う事です。

また添加物には「食中毒」を未然に防止する働きもあるため添加物は有用であるとの側面も理解しておくべきです。

特に「妊娠」と言う女性の体にとって最も大事な時期に摂取を推奨されている「葉酸サプリ」」の安全性は他のサプリよりもより安全性を考慮して作られていると考えていいでしょう。

葉酸サプリの製造基準

葉酸サプリを選ぶ際その「安全性」「信頼性」の基準となるものがあります。

*GMP(Good  Manufacturing Practice)適性製造規範

GMPの目的は「原料の受け入れから最終製品(または基原材料の受け入れから原材料)の出荷に至るまで、適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と適切な構造設備の構築(GMPハード)により、製品の品質と安全性の確保を図る事」とされています。

GMP認定工場で製造された製品は安心安全であるとの証明になります。

*FDA(Food and Drug Administration)アメリカ食品医薬品局

連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を根拠としている。

アメリカ産のサプリメントでFDA認可商品であれば安心と言える。

*安心安全マーク 日本サプリメント評議会が定める評価基準をクリアしている

*残留農薬・放射能検査 検査報告書が公開されているかどうか

*原材料(産地)、内容成分の種類及びそれぞれの含有量を明記しているか

以上が「葉酸サプリ」を選ぶ際に知っておくべき知識となります。

その上で数多くある「葉酸サプリ」」の中から「安全」でより「効果的」と考えられる商品をご紹介します。

葉酸サプリのメーカーには「製薬会社」「食品会社」「健康食品専門会社」などがありますので出来るだけ全体的にご紹介します。

その紹介するための製品基準は1日で摂取すべき葉酸が必要量含まれているかが最低基準。

コストだけを考えるともっと安い製品はありますが基準を満たしていないのがあり、そうした物は除外しています。

最後に表にしてまとめていますので参考にして下さい。

葉酸のみならず、妊婦さんのお役立ち情報はこちらのサイトで掲載しています。

>>【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

当サイトで葉酸サプリの比較を読んだ後にご覧になってはいかがでしょうか?

‐製薬会社の製品‐

*葉酸サプリ「プレミン」 ゲンナイ製薬

通常価格4,580円 124粒 31日分/一日4粒目安 一日当たり約148円

モノグルタミン酸400㎍配合、葉酸の吸収を助ける鉄分、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、ビタミなど14種類のビタミンとミネラルを配合

全成分の含有量を開示

全成分原産国、最終加工国を開示

GMP認定工場番号を記載

第三者による安全に関する承認取得(ヒ素、鉛、残留放射能、ヨウ素)

*エレビット バイエル薬品 通常価格4,500円 90粒 30日分/1日3粒目安

一日当たり150円

葉酸800㎍(上限値1000㎍)に加え18種類のビタミン、ミネラル配合

産婦人科、婦人医師推奨№1、病院、クリニックでも販売

GMP認定工場生産 より厳しい医薬品に準ずる検査を実施

残留農薬、アレルギー、放射能検査済

栄養成分表明記

‐健康食品メーカー‐

*AFC葉酸サプリmitete   株式会社エーエフシー

通常価格1944円 120粒(30日分/1日4粒) 1日約65円

モノグルタミン酸400㎍に加え8種のビタミン4種のミネラルを含有

合成着色料、香料、保存料不使用

製造、管理、流通まで1社で行っている為コストカットでき安価で提供できコストパフォーマンスは高い

GMP認定国内工場で製造

栄養素すべての配合量が明記してある

放射線・セシウムスクリーニング検査実施し合格証開示

*はぐくみ葉酸 hagukumi+(はぐくみプラス)

通常価格3,980円 90粒(30日分/1日3粒) 1日約65円

モノグルタミン酸400㎍に加えポリグルタミン酸100㎍配合

加えて自然由来のビタミン、ミネラル類を20種類以上配合

葉酸はオーガニックレモンから搾ったもの

GMP認定工場で製造

米国等で有機認証を受けた素材を使用し、化学合成品・副原料不使用、非遺伝子組み換え、アレルゲンフリー

放射能検査実施

*ベルタ葉酸サプリ 株式会社ビーボ

通常価格5,980円 120粒(30日分/1日4粒) 1日約200円

モノグルタミン酸400㎍ 葉酸に酵母を含有させることでより吸収がよくなる。その結果体内での滞在時間が長くなり効果を高める

鉄分20㎎、カルシウム232㎎以外に野菜21種類、ビタミン・ミネラル27種類アミノ酸20種類を含有。

以上に加え美容成分(ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、黒酢もろみ、珊瑚カルシウム)を配合。

GMP認定工場で製造

第三者機関による残留放射能濃度、残留農薬試験実施

完全無添加

*ママニック葉酸サプリ レバンテ株式会社

通常価格5,000円 124粒(31日分/1日4粒) 1日約161円

GMP認定工場で製造

モノグルタミン酸400㎍に加え29種類のビタミン・ミネラル、アミノ酸3種類、その他美容成分8種類、野菜11種類、乳酸菌を配合

放射能、残留農薬の試験クリア

無添加

*葉酸プラス ピジョン株式会社

通常価格1,992円 60粒(60日分/1日1粒) 1日約33円

ベビー用品の会社で名前は浸透し安心感がある

モノグルタミン酸400㎍に加えて鉄分10㎎とビタミン7種類のみ配合

品質・安全性についてはISO9001:2008を取得したピジョン中央研究所で厳しい品質基準に合格した物を製品化している為安心

葉酸だけを摂れれば十分と考える人向けの商品

コストパフォーマンスは一番

*美的ヌーボープレミアム 株式会社フック

通常価格8,640円 150粒(30日分/1日5粒) 1日288円

通常価格から比較すると最も効果価格商品

モノグルタミン酸400㎍に加えカルシウム250㎎、鉄分15㎎を初めとして、ビタミン、ミネラルを27種類配合、他にも静岡県産マグロから抽出したDHA250㎎、EPA15㎎も配合。(DHAやEPAは血液サラサラ成分)

FDA認定、GMP認定工場で製造

セシウム検査クリア

*ママナチュレ葉酸サプリ 株式会社エイチビーラボ

通常価格7,960円 90粒(30日分/1日3粒) 1日約265円

天然酵母ベースのモノグルタミン酸400㎍を配合。加えてイナゴマメ由来のピニトール300mg、ホルモンバランスを整えるとされるマカ300㎎、腸内環境を整える乳酸菌を配合。

GMP認定工場で製造され完全無添加。

残留放射能検査済

*ララリパブリック 株式会社i-ne

通常価格2,980円 120粒(30日分/1日3粒)1日約74円

モノグルタミン酸400㎍に加え国産野菜のミックスパウダーを配合。

他にもツバメの巣エキス、黒酢もろみ酢乾燥末、発酵黒玉ねぎ末、乳酸果糖オリゴ糖、ざくろ果汁などを配合。

GMP認定工場で製造、安心・安全マーク付き

以上10社10商品をご紹介しました。

他のサプリに比べると所謂「大手の会社」の参入が少ないようです。製品の名前が先に立つことが多い葉酸サプリですが、「会社」自体をチェックすることも必要のようです。

葉酸サプリをまとめて比較

分かりやすく図表化してみました

1日分の高い製品から

  葉酸の量(400㎍) その他栄養素 安全性(GMP) 1日コスト
美的ヌーボー    ◎   ◎   ◎ 288円
ママナチュレ    ◎   ◎   ◎ 265円
ベルタ葉酸    ◎   ◎   ◎ 200円
プレミン    ◎   ◎   ◎ 192円
ママニック    ◎   ◎   ◎ 160円
エレビット    ◎   ◎   ◎ 150円
はぐくみ    ◎   ◎   ◎ 132円
ララリパブリック    ◎   ◎   ◎ 74円
AFCmitete    ◎   ◎   ◎ 65円
葉酸プラス    ◎   ○   ◎(ISO) 33円

これを見て分かるように各社各商品それぞれのオリジナリティを持つ商品を販売しています。

価格の違いは含有する栄養素の種類、量、産地などで違いが出ていると思われます。

従って仮にこの中から自分に合った葉酸サプリを選ぶためには今何が必要かを知ることです。

この中で唯一〇をつけたピジョンの「葉酸プラス」は葉酸だけを摂ることに特化した商品で、自分は食事でその他の栄養素はちゃんと摂れていると言う人はこれで充分でしょう。

もしその他のサプリメントで栄養素を補給している人は内容成分を比較の上で適当な葉酸サプリを飲んだほうが安上がりになります。

価格自体も通常価格で買う事がもったいない購入方式を各社提供しています。

一番比較検討をしなくてはならないポイントでもあります。

-安全性について-

各社GMP認定工場で製造と謳ってあるので甲乙つけがたくどれを飲んでも問題ないと思いますが、一点気になることがあります。

それは「認定工場」の所在が分からない事です。工場の内部写真を掲載しているHPもありますがどこにあるのかの記載はありません。

自社工場を持ち一括管理しているのは1社だけです。

出来ればこの点についても記載して欲しいと思います。

添加物に関しては判断材料としていません。その理由は先にも述べたように厳しい制限やチェックの元に使用を許可されている物だと考えられるからです。

食品添加物に関して最新の記事がありましたので簡単にご紹介します。

2月21日付産経新聞の記事から引用します。それによると

食品添加物に関して厚生労働省は「マーケット・バスケット方式」(スーパーなどで実際に商品を購入)と言うやり方で食品添加物の量を調査し一日の摂取許容量と比較しています。

ADI=人が一生食べ続け手も健康への被害がないと推定される1日当たりの摂取量と比較

それによると2016年度は

ソルビン酸(保存料) 0,3% 安息香酸(保存料) 0、4% 食用赤色3号(着色料) 0、03%でいずれも100分の1以下。健康に影響の出ない量であることが分かりました

また「無添加」を謳った商品が3割ほど値段が高いと言う調査結果もあります。

厚生労働省のホームページにはこうした情報が網羅されているのでチェックするのもいいでしょう。

-効果について-

葉酸

サプリメントを摂る場合気をつけなくてはならないことがあります。

まず「薬ではない」と言う事です。その為飲んだからと言って何かの病気が治ったりすることはありません。

目的は「栄養の補給」でありそれによる「体質改善」にあります。

日頃から食生活が不規則であったり、野菜を食べることが少ない人は多くの栄養素を含む製品を摂る必要があります。

特に「葉酸」は妊活に効果があり、お腹の中の赤ちゃんにとって重要な栄養素である為摂取が推奨されています。

目的は「母子共に健全である事」が目的だからです。

‐葉酸サプリを摂取する上での注意点‐

*用法・用量を守る

これはサプリに限らず薬でも同じ事です。決められたことを守らないと正確な評価ができません。

葉酸の場合は少ない方が問題となります。

薬と違い飲むべきタイミングは決まってないのでいつでも大丈夫です

*継続する

飲み始めたら継続することが大前提です。そうしないと自分にとって「いい悪い」の判断をつけることが出来なくなります。

*異変を感じたら中止する

継続すると矛盾してしまいますが、やはり「合う・合わない」が人それぞれあり無理に飲もうとすると逆にストレスになるので一旦止めてみることも必要です。

その際にかかりつけのドクターに相談するのもいいと思います。

*情報の収集

情報過多になりすぎるのも大変ですが少ない情報で判断するより安全性は高くなります。

好奇心を持って調べることも必要です。

今の時代はインターネットをはじめとする様々なコミュニケーションツールで多くの情報を得ることができます。

中には不確定な事実や誇張された内容の記事などもあるようです。

大事なのはそうした物の中から「正しい」ものを見つけ出す「知識」です。

「知識」を得るには「学ぶ」ことも必要です。

いくつになって勉強しましょうと言う事です。

まとめ

一度自分自身の生活習慣を見つめ直しましょう。

特に食生活は基本となりますので要チェックです。

食に関しては色々な情報が飛び交い「朝食抜きがいい」とかダイエットの為に低糖質がいいとか様々です。

その中で価値が不変なのは日本人が昔から食べてきた「和食」です。

いま逆に海外でその健康効果が注目されています。

毎日の食事の中に「和の食材」を使う事を心掛けることも大事です。

その上で「何が足りないのか」「充分なのか」を自分自身でしっかり把握し野菜が少なければ積極的に食べ足りない部分を葉酸サプリで補いましょう

妊活からはじまる生活は家族の協力も必要です。

情報を共有し話し合いながら過ごして行きましょう。